おすすめ記事
【Project CARS GO】大ヒットしたレーシングゲームがついにモバイル版となって登場!

ども、若いころはスカイラインGT-R32でブイブイ言わせてたちゃとらです!

今回はパソコン版やPS版で累計700万本以上売り上げた『Project CARS』のモバイル版『Project CARS GO』を紹介していきます。

ちなみに僕はPS版をプレイしたことがあり、グラフィックや車の動き、忠実に再現された車両は同じようなレースゲームのグランツーリスモにも引けを取らないほどリアル!

プロレーサーがシミュレーターとして利用するほどなんです。

そのモバイル版ということで一体どんなゲームなのか早速解説していきましょう!

おすすめポイント
✔ 本家に負けないほどのグラフィッククオリティ
✔ 指先一つで操作可能なゲームシステム
✔ 自由なカスタマイズ要素

どんなゲーム?

このゲームの元になった『Project CARS』シリーズや『Need for Speed: Shift』を手掛けたSlightly Mad StudiosがモバイルゲームメーカであるGAMEVILとタッグで『Project CARS GO』を作り上げた。

ちなみにSlightly Mad Studiosは『F1』や『GRID』などを手掛けたイギリスのレースゲームゲームメーカーであるCodemasters傘下ということでゲームのクオリティは約束されたようなもの!

またグラフィックはPCやPS版と引けを取らないほどにリアル。

操作もモバイル版用に簡略化されていていつでも指先一つでサクッと遊べる仕様になっている。

レースモードの紹介

レースモードも結構豊富でかなり楽しめると思います。

レースモード
・ワールドツアー
・タイムトライアル
・デイリーインビテーション
・クラブチャレンジイベント(クラブ加入が条件)

基本的にワールドツアーを進めてくんですが、それぞれクリアすればアイテムがもらえる。

中でもデイリーインビテーションはいきなりル・マンカーに乗れたりします。

これがめっちゃ速くてびっくり!

なかなか乗れない最高峰のマシンにいきなり乗れたりするんでおすすめですよ。

今のところスプリントレースとドラッグレースの2種類だけですがドリフトやラリーなんかもあるとかなり楽しくなるんじゃないかなと思います。

はにゃこ
まだ配信されたばかりだしね

ちゃとら
今後のアップデートに期待だね!

ここが魅力!

バラエティ豊かな登録車種

登録されている車種のバラエティが幅広く、スポーツカーやレーシングカーはもちろんちょっと珍しいマシンまで登場するんです

このホンダ2&4コンセプトなんて60年代F1をイメージしたデザインと現役MotoGPマシンエンジン融合したエポックマシン!

はにゃこ
なにこのマシン!?

ちゃとら
すんごいでしょ!
このゲームにはほかにも珍しいマシンがゴロゴロしてるよwww

他にも時価数億円するようなスーパーカーからインディカーやル・マンマシンまで登場するので僕みたいな車好きにはたまらないんですよね~♬

ちょっと気晴らしいに珍しいマシンでプレイしたいな♪と思った人にはおすすめのゲームです!!

指ひとつで操作可能

レーシングゲームにもかかわらず指先ひとつで操作可能なゲームシステムが特徴!

今までは画面左がハンドルで画面右にアクセル+ブレーキボタンの配置がデフォでしたよね?

このゲームには『ワンタッチレーシング』というシステムを採用していて誰でも簡単に操作できる。

 

はにゃこ
実際プレイしてみた感じどうなの?

ちゃとら
確かに手軽にプレイできるところはいいね!
ただ本格レーシングゲームを求める人は物足りない感じ…。

ギヤチェンジゲート、ブレーキ開始ゲート~ブレーキ終了ゲートの3種類でタイミングよく画面をタッチしたり話したりすればいいだけ。

コツはゲートの真ん中部分が光ったタイミングでタップすればパーフェクトタイミング!

ただこれがなかなか難しくて、パーフェクトタイミングでコンボを繋げればポイントも多くもらえるので練習あるのみ。

操作感覚的にはドリスピに近く、車を操作するというよりはリズムゲームに近いです。

個人的にはPCPS版と同様な本格レーシングを期待してましたが、モバイル版ということで操作性を簡略化することで差別化し新しいユーザー獲得を目指しているのかなと感じますね。

自分好みにカスタマイズできる

マシンを自分流に自由にカスタマイズできる。

カラー変更はもちろん、パターン、リバリーが選択できるので自分だけのオリジナルマシンを作り上げられる。

もし「自分だけのカラーを作りたい!」という人には最大4色を調合して新色も作れてしまうんです!

パターンも木目調やカーボン、迷彩などいろんな種類がありますし、またリバリーは実際のレーシングマシンを再現したカラーリングできます!

はにゃこ
ほんとに自由にカスタマイズできるんだね!

ちゃとら
毎日気分でカラーリングを変更するのもありだよ♬

 

 

半端じゃないクオリティ

実際のマシンカラーリングから実在のサーキットまで収録されていて、そのクオリティが素晴らしい!

特に細かいステッカーまで再現していて、このcalsonicカラーのスカイラインGTR32なんてグループA時代に実際ドライブしていた星野一義選手、鈴木利男選手の名前が!

それもそのはず!なんと1台ずつ公式ライセンスを取得しているですからそりゃリアルですよね!

はにゃこ
あんた細かいとこに目行きすぎwww

ちゃとら
昔同じ車に乗ってたもんでつい熱くなりすぎた(汗)

またコース上のタイヤ痕や縁石などもリアルに再現されていて、見事としか言いようがない。

またドラッグレースではバーンナウト(停止状態でタイヤをわざと空転させてタイヤを温める)まで再現されている。

しかもバーンナウト次第では勝敗にもかかわってくるところなんかリアルそのもの!

 

ここが残念...

エアロやホイールの変更ができない

ただ残念なのはエアロやホイール、車高を変更できないところ。

~んやっぱりここはもうちょっと自由度が欲しかったです。

ドリスピなんかは鬼キャンにできたり、スペシャルカーでない限り好きなエアロも選べますしね。

 

視点変更ができない

このゲームは視点変更ができずマシン後方視点のみです。

確かにプレイヤーがマシンを操作するわけじゃないのでいらないかもしれませんが...。

でもやっぱり運転席やボンネットなどの視点からレースを楽しみたかったというのが本音(苦笑)

感想・評価・レビューまとめ

Project CARS GOの評価
グラフィック
5点
手軽さ 4点

BGM 3.5点

戦略性 3.5点

ストーリー性 3点

やり込み度 4点

総合評価 3.8

良いところ・悪いところ

ここがGOOD!
・車種が豊富
・自由にカスタマイズできる
・コースやマシンのグラフィックがすごい
・指先一つで操作できる
ここが残念...
・エクステリア変更ができない
・視点変更できない

基本データ

三国志群雄の基本情報
タイトル Project CARS GO
配信日 2021年3月23日
運営元 Slightly Mad Studios
GAMEVIL
公式サイト https://projectcarsgo.gamevil.com
公式Twitter https://twitter.com/projectcarsgo
ジャンル レーシング
価格 基本プレイ無料
対応OS iOS / Android
おすすめの記事